【プレゼン講座で困る事 No1】
プレゼン講座で、
毎回最初に困難にぶち当たる壁があります。
なんだと思いますか?
 
 
それは「笑顔を作れない人」です。
 
例えば、ジャパネットたかたさんの、
商品紹介する男性が、
ニコリともしなかったら、どうですか?
 
放送事故かな?なんて思いません?
 
「緊張してるのかなぁ~」なんて思ってくれる人は、
身内くらいでしょう(笑)
 
これから、自分の商品を紹介しようという時に、
プレゼンターが二コリともしなかったら、
商品の印象をプロデュースする以前の問題です。
 
「私は技術者だから・・・」では、済まされない。
 
でもこの重要性を、真面目な受講者に伝えるのが、ホントに難しい。
 
 
その人は、自分が笑顔じゃないデメリットを、
自分で感じていないから、
決まってある共通の答えが返ってきます。
 
 
「面白い事がないのに、笑えませんよね」
 
 
あなたも「人は面白いから笑う」なんて思ってませんか?
もしそうなら、今から認識を変えましょう!
 
脳の中には、
ミラーニューロンという名の神経細胞が存在します。
 
1995年に1匹のサルによって発見されたこの神経細胞は、
目の前で起きている出来事を、
まるで自分に起きている事のように感じてしまう、
鏡のような役割をもっています。
 
それが「共感」を引き起こすのです。
そして共感は、無意識のうちに
自動的に起ってしまう反応なんです。
結果、目の前の相手が笑っていると、
面白い事がなくても笑ってしまうんです。
 
笑顔って伝染るんですよぉ~
 
職場が楽しくないと言っている人、
学校がつまらないと言っている人、
家庭が・・・なんて言ってる人。
 
伝染してくれる人を待ってないで、
自分で笑顔菌をバラまいて、
パンデミックを起こしましょう!
 
そしてこの笑顔には、もう一つすごい効能があるんです。
 
長くなったので、この続きはまた次回